ストレピア 成分

↓ストレピアの公式サイトを見てみる↓

ストレピア 口コミ


ストレピアで敏感肌、年齢肌対策!

 

年齢とともに変化する肌

 

敏感になったり刺激に弱くなったり

 

乾燥やたるみ、しわ、シミ、毛穴といったたくさんの悩みが出てきます。

 

そこで登場したのがエイジングの加速から守ってくれるストレピアです。

 

そんなストレピアなのですが成分が気になりませんか?肌荒れを起こす成分やアレルギー物質がないか人によってそれぞれ違います。そこでどんな成分が入っているのかを調べました。

 

ストレピアの成分

マスクウォッシュ

水(久米島海洋深層水由来)・ココイルグリシンK・BG・アクリレーツコポリマー・ラウラミドプロピルベタイン・ココアンホ酢酸Na・ココイルメチルタウリンNa・海シルト・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル・ペンチレングリコール・酵母エキス・サトウカエデ樹液・フランスカイガンショウ樹皮エキス・ネムノキ樹皮エキス・キハダ樹皮エキス・クダモノトケイソウ果皮エキス・ウコン根エキス・ツルレイシ果実エキス・オルトシホンスタミネウスエキス・ヨクイニンエキス・アロエベラ葉エキス・グリセリン・マンダリンオレンジ果皮油・アスパラギン酸ジ酢酸4Na・水酸化K・フェノキシエタノール

 

※旧表示成分・鉱物油・石油系界面活指定性剤・石油系油脂・合成香料・合成着色料・アルコールは全て無添加

 

この中で気になった成分が2つあります。

 

それは水酸化Kとフェノキシエタノールです。

 

水酸化Kはアルカリ性であり濃度が高いと皮膚に強い刺激を与える恐れがあります。

 

しかし成分表では最後の方に書かれているので入っている成分は少ないことが分かります。

 

次にフェノキシエタノールと聞くとエタノール?と思いませんか?

 

最近防腐剤として使われるようになってきたのが「フェノキシエタノール」という成分なのです。旧表示指定成分に含まれず、自然界でも玉露や緑茶などの天然成分として存在しています。

 

パラベンに代わる成分として注目を集めています。

 

これら2点が気になりましたが肌に悪い影響は及ぼさないと考えられます。

 

↓ストレピアの公式サイトを見てみる↓

ストレピア 口コミ

 

成分表は配合量の多い順に記載されている

 

ゲルローション

水(久米島海洋深層水由来)・BG・グリセリン・ソルビトール・プロパンジオール・1,2-ヘキサンジオール・ペンチレングリコール・酵母エキス・サトウカエデ樹液,・フランスカイガンショウ樹皮エキス・ネムノキ樹皮エキス・キハダ樹皮エキス・アーチチョーク葉エキス・クダモノトケイソウ果皮エキス・ウコン根エキス・ツルレイシ果実エキス・オルトシホンスタミネウスエキス・カッパフィカスアルバレジエキス・カンゾウ根エキス・アロエベラ葉エキス・グリチルリチン酸2K・アラントイン・グリコシルトレハロース・ニガリ・ベタイン・マンダリンオレンジ果皮油・加水分解水添デンプン・キサンタンガム・ジェランガム・カラギーナン・PEG-60水添ヒマシ油・フェノキシエタノール

 

※旧表示成分・鉱物油・石油系界面活指定性剤・石油系油脂・合成香料・合成着色料・アルコールは全て無添加

 

ゲルローションもマスクウォッシュと同様で酵母と樹液といった天然成分が配合されています。

 

ストレピアは敏感肌で年齢肌といった両方を持つ方に使用していただけるよう開発されました。

 

特に30代、40代、50代の方々には絶大な人気を誇っています。

 

人の肌はそれぞれ個性がありすべての方に良いという商品はありませんが多くの方が利用され喜ばれています。

 

しかしそんなストレピアなのですがシミに本当に効果があるのでしょうか?

 

実際に使用した方の口コミが気になりませんか?

 

そこでストレピアを使用した方の口コミを集めました。

 

>>ストレピアのクチコミに関する口コミ

 

 

↓ストレピアの公式サイトを見てみる↓

ストレピア 口コミ